会社沿革

昭和25年3月
松田 鉄治が大阪府大阪市北区桜橋に於いて、双葉電線商会の商号を以て、電線販売業を始める。
昭和28年5月
資本金50万円の有限会社松田電興を創設し、日本電線株式会社の代理店となり、大阪府大阪市北区中町1丁目にて開業。
昭和37年6月
資本金200万円に増額するとともに、松田電興株式会社と改組し、松田 鉄治が代表取締役社長に就任。
昭和39年4月
日本電線株式会社が大日電線株式会社と合併し、大日日本電線株式会社となると同時に、同社代理店となる。
昭和41年12月
業務拡充のため現在地 (大阪府大阪市福島区福島8-1-23) に移転する。
昭和46年2月
東京都渋谷区代官山町に東京営業所を開設。
昭和47年3月
東京営業所を拡充し、品川区南品川に移転。
昭和49年7月
資本金を500万円に増額。
昭和59年6月
松田 鉄治が取締役相談役に就任し、新たに新子 貞二が代表取締役社長、松田 克一が代表取締役常務に就任。
昭和61年7月
大日日本電線株式会社が、三菱電線工業株式会社に社名変更し、同時に同代理店となる。
平成3年7月
資本金を1,000万円に増額。
平成5年8月
松田 克一が代表取締役社長に就任し、新子 貞二が取締役会長に就任。
平成9年9月
名古屋営業所を開設。
平成11年6月
加工部門を分離し、有限会社松田産業を設立。
平成12年5月
松下電器産業株式会社より顧問招聘
平成13年1月
特品部開設。
平成14年3月
現地法人 松田電興 (香港) 有限公司を設立。
平成14年6月
東京営業所を東京支店に昇格。
平成15年11月
フィトンチッド拡散機「森のめぐみ」を新発売。
平成16年2月
ISO14000を取得。
平成16年6月
松田 克一が関西電線業協同組合の副理事長に就任。
平成17年1月
株式会社フジクラ・ダイヤケーブルの代理店となる。
平成20年12月
現地法人 松田電興 (香港) 有限公司を解散。
平成24年2月
三菱電線工業株式会社代理店会 (菱和会) の副会長に就任。
平成26年5月
双葉電線株式会社の関連会社となる。
永渕 俊治が代表取締役社長に、松田 克一が取締役会長に就任。
平成28年4月
摂津倉庫を開設。
平成29年9月
有限会社松田産業と統合。
平成29年12月
東京支店を東京営業所に変更。
現在地 (東京都大田区平和島6-1-1 物流ビルB棟 BW4-1(A)) に移転。